ART ACTION

 作品の制作と同時に、アートの場づくりも精力的に行っている。

芸術祭の場でのディレクション、キュレーション、コーディネートや、教育活動、福祉活動、まちづくり活動を担う様々な施設や機関でのアートプロジェクトの企画・運営まで多岐に渡る。

 At the same time as creating the work, I am also energetically creating a place for art.
Mainly, there are a wide range of activities such as direction, curation, coordination at art festivals, planning and management of art projects at various facilities and institutions responsible for educational activities, welfare activities, and community development activities.

Curation・Direction

 

 

「さいたま国際芸術祭2020」さいたまアートセンタープロジェクト
「さいたま国際芸術祭2020」さいたまアートセンタープロジェクト

『Sightama Art Center Project』は生活都市さいたまで、市民や来場者自身のライフスタイルに合わせた「アートへ参加する習慣」をつくりだすプロジェクトです。 「日常賛花―さいたまでアートに参加し・伝え・感じ合う」を合言葉に、2019年8月から4タームに分け、継続してアートプログラムを開催します。

Go to link
press to zoom
「さいたまトリエンナーレ2016」SMF学校
「さいたまトリエンナーレ2016」SMF学校

SMF学校は、わくわくするとくいわざ、創造力の学校です。 SMF(サイタマミューズフォーラム)は、2008年の発足から埼玉県内のミュージアムや地域を表現の場とし、様々な人が、広くアートに触れ、参加できる場をつくってきました。 ​ さいたまトリエンナーレにSMFの参加が決まった時、様々な表現方法を持つメンバーと、これまでのSMFのネットワークを活かし、わくわくするとくいわざを体験できる「学校」をつくろう!というアイデアが立ち上がりました。これまで、多くのわくわくする「場」をつくってきたSMFならではの創造力の学校が、さいたまトリエンナーレで開校します。

Go to link
press to zoom
かがわ・山なみ芸術祭2016
かがわ・山なみ芸術祭2016

かがわ・山なみ芸術祭は香川県の山間部を舞台とした3年に一度の芸術祭です。 「綾川町エリア」では、キュレーションを担当。全国各地から約30のアーティストが集い、綾川町の豊かな自然と歴史、文化をモチーフにした作品を発表。 会期: 2016年4/29-5/22 10:00-16:00 会場: モノハウス(旧枌所小学校) 田んぼの学校 竜雲少年農場 綾川町立生涯学習センター         テーマ: 『“今”との対話ーDialog with Nowー』 http://kyaf2016ayagawa.wix.com/dialoguewithnow

Go to link
press to zoom
KAPLコシガヤアートポイントラボの運営
KAPLコシガヤアートポイントラボの運営

2008年の設立。以来、KAPL(カプル)は、アートプロジェクト、造形ワークショップ、展覧会などの企画を行ってきました。その中で、ゲストの皆様と一緒に、アイデアが生まれてくるわくわくした気持ちや、新たなものの見方、工夫することの面白さ等々を生み出す事を、私たちの「アート」とし活動しています。

Go to link
press to zoom
SMF(サイタマミューズフォーラム)
SMF(サイタマミューズフォーラム)

SMFは、既成のジャンルにとらわれない自由な視点からさまざまなアートプログラムを企画して、アートをめぐって 多くの人がつながっていくためのプラットフォーム。2009年から協力委員を務める。

Go to link
press to zoom
1/1

Art Project

SeeSew「Sunlight Flag Project 2016」
SeeSew「Sunlight Flag Project 2016」

さいたまトリエンナーレ・SMF学校と連携し、JIA埼玉(公益法人日本建築家協会関東甲信越支部埼玉地域会)が開催するイベントとして2016年10/8-10の3日間、別所沼公園にて開催。

Go to link
press to zoom
SeeSew「Sunlight Flag Project 2016」
SeeSew「Sunlight Flag Project 2016」

かがわ山なみ芸術祭2016出品 ・綾川町立綾上小学校  2016.2.22 ・香川県立善通寺第一高校 2016.3.3 ・ステップ 2016.3.6 ・竜雲少年農場 2016.3.23 SeeSewの2016年のプロジェクト「Sunlight Flag Project 2016」は、自分の大切なもの、思い出の品や、手などのからだの一部を感光布に太陽光で焼き付け、「自分旗」を制作するプロジェクトです。サイアノタイプのフォトグラムという手法で制作します。個々の旗を繋ぎ合わせ一枚の大きな旗にすることもできます。芸術祭期間中は綾川町の風に約300枚の作品がはためきました。

Go to link
press to zoom
芸術祭通貨「LiFE」
芸術祭通貨「LiFE」

芸術祭通貨「LiFE」は、かがわ山なみ芸術祭2016綾川町エリア(2016.4/29-5/22)で、持続可能な芸術の場を創造するために、アーティストと地域の方々、来場者の創造力の交換に用いられました。

Go to link
press to zoom
SeeSew時間のきものプロジェクト2015
SeeSew時間のきものプロジェクト2015

SeeSew:写真作家:浅見俊哉と、衣裳家:田村香織が2014年に結成したアーティストユニット。 写真と衣裳の視点による新しいプロダクトやワークショップを提案・開催。 2015年は「時間のきものプロジェクトーTIME DRESS PROJECT 2015ー」と題し、季節の時間をテーマにした着物をつくります。

Go to link
press to zoom
呼吸する影2015ツアー
呼吸する影2015ツアー

Breathing Shadow of Bombed Trees Exhibition Tour 2015 2015年は戦後70年目の年。広島に生きる被爆樹木の姿を作品やワークショップを通して、世界中の人に伝えたい! 2015年は国内外のギャラリー約10カ所で作品発表ワークショップを実施。

Go to link
press to zoom
被爆樹木の写真展を広島で開き戦後70年の節目に平和を想う機会を
被爆樹木の写真展を広島で開き戦後70年の節目に平和を想う機会を

クラウドファンディングで展覧会開催を実現! 2015年7月28日〜8月2日に広島市中区の「ギャラリーG」で『呼吸する影ー被爆樹木のフォトグラム』展を開催した。

Go to link
press to zoom
Machi Art Project
Machi Art Project

 まちアートプロジェクト(MAP)は、文教大学生や埼玉県越谷市を中心に活動している作品出展者が、市内の商店・施設に作品を展示し、越谷市全体を「美術館」に見立てよう!というプロジェクト 2006-2009年に開催

Go to link
press to zoom
Feel Reef
Feel Reef

 2011年3月11日に発生した東日本大震災。 わたしたちが今まで利用していたエネルギーは、原子力という決して安全ではない技術の上に成り立っている事を知りました。  「Feel Reef」は、主に「電気のひも」に取り付けることでエネルギーを使用する際、エネルギーについて考える時間を生み出す装置です。「Feel Reef」は、被災地の記事が掲載されている部分を切り取った新聞紙でできており堅牢ではありません。そこで、優しくゆっくりと引く事をあなたに求めます。  モデルの葉は、原爆によって枯れてしまっても再び芽を出し成長した被爆樹木(※)のイチョウです。  2014年1月17-18日に行われた東日本大震災チャリティーイベント「mono vol.2」@M EVENT SPECE にて発表。  (※)ヒロシマでは、1945年8月6日の原爆で被爆し、その後再び芽吹いた170本の樹木を「被爆樹木(A Bomed Tree)」として登録。今回のイチョウは、爆心地から1420mの浄西寺にある樹木の葉をモデルにしています。

Go to link
press to zoom
個人新聞「穴のあいたくつした」
個人新聞「穴のあいたくつした」

小学校5年生「友達」120号発行 小学校6年生「穴のあいたくつした」200号発行

Go to link
press to zoom
1/1

Action

1本のいのちの下で 2019
1本のいのちの下で 2019

●日時:2019年8月5日・8月6日 ●場所:広島市青少年センター・被爆樹木シダレヤナギの下 爆心地から370m(Latitude:34.399418 Longitube:132.452937) 広島県広島市中区基町14

Go to link
press to zoom
1本のいのちの下で 2018
1本のいのちの下で 2018

●日時:2018年8月5日・8月6日 ●場所:広島市青少年センター・被爆樹木シダレヤナギの下 爆心地から370m(Latitude:34.399418 Longitube:132.452937) 広島県広島市中区基町14

Go to link
press to zoom
被爆樹木の下で
被爆樹木の下で

●日時:2017年8月6日 8:15-日没まで ●場所:広島県広島市中区基町14 被爆樹木シダレヤナギの下爆心地から370m(Latitude:34.399418 Longitube:132.452937)

Go to link
press to zoom
サンドイッチアートマン 2016
サンドイッチアートマン 2016

サンドイッチアートマンinさいたま ーおせっかい出前トリエンナーレー さいたまトリエンナーレ2016・SMF学校プログラムにて実施。

Go to link
press to zoom
アート制作クリーン大作戦in越谷
アート制作クリーン大作戦in越谷

『アート制作クリーン大作戦in越谷』 今、私たちのまわりには、沢山の「物」が溢れています。そして、同じだけ「ごみ」も溢れています。一体、「物」はいつから「ごみ」になるのでしょうか? また、「ごみ」が「アート」に変わるのはどんな時なのでしょうか・・・!? 昨年のSMF(サイタマミューズフォーラム)で行われた「アート制作クリーン大作戦」が越谷にやってきます!2月のKAPLは、越谷のまちを歩きながら、ひろった「ごみ」を使って作品制作をしていく参加型展覧会です。 「ごみ」と「アート」の境界線はどこにあるのか!? 是非体験しに来てください。お待ちしております! ・会期:2010年2月27日(土)・28日(日) ・場所:KAPLーコシガヤアートポイントラボ

Go to link
press to zoom
サンドイッチアートマン 2009
サンドイッチアートマン 2009

 自らの作品をパネルに貼り付け電車に乗り、街を練り歩きその場で即時的な「美術館」を生み出すというものです。この「美術館」の出現により、作品を通し、街ゆく人たちとのなんらかの関わり、また自らのアートに対する価値観の変容を目指すアクション 2009年

Go to link
press to zoom
「一写一想」朗読会
「一写一想」朗読会

●日時:2019年2月24日 ●場所:「.kiten」

Go to link
press to zoom
1/1

Collaboration

記憶を編んで-身体・音楽・映像-
記憶を編んで-身体・音楽・映像-

「さいたま国際芸術祭2020」さいたまアートセンタープロジェクト 深呼吸する水曜日 2019.12/11 出演:みきたまき・青木裕志・浅見俊哉

Go to link
press to zoom
gene #2 NAKANOJO
gene #2 NAKANOJO

2017 9/18 14:00-15:00・17:00-18:00(1日2講演) @伊参スタジオ・浅見俊哉作品展示室 http://nakanojo-biennale.com/event/gene-%ef%bc%832

Go to link
press to zoom
「私新聞をつくろう!」
「私新聞をつくろう!」

さいたまトリエンナーレ「私新聞をつくろう!」SMF学校プログラム 2016年12/4(日)

Go to link
press to zoom
おむすび コロリン おなかの旅
おむすび コロリン おなかの旅

2016 11/11・12 この企画は、今年「食」をテーマに埼玉県内の様々な場所でアートのプログラムを展開している『あなたと どこでも アート・おかわりプロジェクト』の1つとして、北浦和公園と埼玉県立近代美術館を舞台に繰り広げられた、ダンスと造形美術のワークショップです。 開催には、文化庁 平成28年度 地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業の支援を受け実施しています。

Go to link
press to zoom
さいたまトリエンナーレ2016「TIME TUBE」
さいたまトリエンナーレ2016「TIME TUBE」

「さいたまトリエンナーレ2016」 SeeSewは建築へのアプローチとして、今回香川県で行った「Sunlight Flag 2016 @Kagawa」のさいたまバージョンを提案します。

Go to link
press to zoom
『時間がおどるー秋ー』
『時間がおどるー秋ー』

時間のきものプロジェクト 野外ダンスパフォーマンス:『時間がおどるー秋ー』 出演:黒田なつ子・幅田彩加 音楽:松本一哉 日時:2015年11月8日(日) 公演:12:00‒13:00 場所:別所沼公園(別所沼会館)

Go to link
press to zoom
『時間がおどるー夏ー』
『時間がおどるー夏ー』

時間のきものプロジェクト 野外ダンスパフォーマンス:『時間がおどるー夏ー』 出演:黒田なつ子・幅田彩加 音楽:松本一哉 日時:2015年8月16日(日) 開場:14:30- 公演:15:00‒16:00 場所:北浦和公園

Go to link
press to zoom
網膜の像
網膜の像

コンテンポラリーダンス作品『網膜の像』 2014.7.30 @日暮里d-倉庫 出演:幅田彩加,黒田なつ子 美術:浅見俊哉 衣装:田村香織 音楽:百瀬雄太

Go to link
press to zoom
Toile
Toile

『光のムーブメント』 Shunya-Asami Exhibition 2012.3.10-3.11 関連企画 黒田なつ子(舞踊)、田村香織(衣裳)、大澤加寿彦(音楽)によるパフォーマンス『Toile』

Go to link
press to zoom
コレオグラファーの目彩の国 ダンスセッション2012
コレオグラファーの目彩の国 ダンスセッション2012

コレオグラファーの目 vol.9 ~光を紡ぐムーブメント~ 浅見俊哉と若手コレオグラファーが見せる異色のダンスパフォーマンス~ ・2012年2月3日(金)18:00~19:00「ムーブメントとフォトグラム」 ・2012年2月4日(土)16:00~17:00「電飾ムーブメントは何を語るか?」

Go to link
press to zoom
1/1

Educational program

美術と街巡り・浦和 2019
美術と街巡り・浦和 2019

地域のアートプロジェクトと教育との連携「スチューデントリポーター」コーディネート

Go to link
press to zoom
「影で描こう私の世界」―コピアートペーパーを用いた写真表現の授業実践(中
「影で描こう私の世界」―コピアートペーパーを用いた写真表現の授業実践(中

美術教育の雑誌「教育美術2011.3月号」にコピアートペーパーを用いた実践を掲載

Go to link
press to zoom
「またたき」アメリア・アレナス対話型鑑賞プログラム
「またたき」アメリア・アレナス対話型鑑賞プログラム

Exhibiton「浅見俊哉作品展」 @川越市立美術館 2006.6.3

Go to link
press to zoom
アメリアアレナス対話型鑑賞レクチャー
アメリアアレナス対話型鑑賞レクチャー

@2007.4.7 信濃美術館(長野県)  2007.4.8 梅野記念絵画館(長野県)

Go to link
press to zoom
「またたき」アメリア・アレナス対話型鑑賞プログラム
「またたき」アメリア・アレナス対話型鑑賞プログラム

アメリア・アレナスの対話型鑑賞ワークショップ @芝の家 2009.2.28

Go to link
press to zoom
「EASアートキャラバン」―対話による美術鑑賞
「EASアートキャラバン」―対話による美術鑑賞

東日本大震災災害支援活動:芸術に親しむ「対話による美術鑑賞」アートキャラバン @ホテル福島グリーンパレス 2012.2.5

Go to link
press to zoom
かがわ・山なみ芸術祭2016 綾川町エリア  作品ナビゲーター養成講座
かがわ・山なみ芸術祭2016 綾川町エリア  作品ナビゲーター養成講座

かがわ・山なみ芸術祭2016 綾川町エリア  作品ナビゲーター養成対話型鑑賞レクチャー 2016.2.20 @MONOHOUSE(旧枌所小学校) 3F 教室

Go to link
press to zoom
さいたまトリエンナーレ2016 対話型鑑賞ワークショップ
さいたまトリエンナーレ2016 対話型鑑賞ワークショップ

2016.10.15 @市民会館おおみや・SMF学校

Go to link
press to zoom
「à la folie」 浅見俊哉 作品展の関連企画
「à la folie」 浅見俊哉 作品展の関連企画

2017.6.4 @P-1Labo 演劇的手法を用いたWSファシリテーターの胡糸さんと連携

Go to link
press to zoom
5750min Action
5750min Action

 5750分とは中学校3年間の美術科の授業時間数の総合計(115時数×50分)である。「5750min Action」はその時間を展覧会の会期とし、参加する人達と来場者と共に手を動かし、意見を出し合うことで美術教育について考える機会を創造するアクション 2009〜2011年実施

Go to link
press to zoom
親子でつくろう!びじゅつのじかん
親子でつくろう!びじゅつのじかん

2014.7.26 @さいたま市市民活動サポートセンター(埼玉・日本) 主催:あなたとどこでも アート実行委員会/SMF(Saitama Muse Forum) 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1 埼玉県立近代美術館内 協力 :「親子でつくろう!びじゅつのじかん」実行委員会

Go to link
press to zoom
1/1

Lecture

大人のアート大学 @大丸東京展
大人のアート大学 @大丸東京展

アートの場のつくりかた −皆がわくわくする環境づくり− 10/23(水)18:30~〈約90分〉

Go to link
press to zoom
大学の現場で「芸術祭」を考える
大学の現場で「芸術祭」を考える

2019年5月28日 筑波大学、博士前期課程芸術専攻の授業をゲスト講師。「現代アート表現論&現代アート表現演習」

Go to link
press to zoom
現場からの提言~パブリックアートの現在-パブリックプレイスとアート・点か
現場からの提言~パブリックアートの現在-パブリックプレイスとアート・点か

2018年7月10日(火)16:30-19:30 東京都千代田区の糖業協会ホール

Go to link
press to zoom
被爆樹木について、今について、未来について語ろう
被爆樹木について、今について、未来について語ろう

2017年12月10日(日)14:00-16:30 埼玉県立近代美術館3階講座室

Go to link
press to zoom
中之条ビエンナーレアーティストトーク
中之条ビエンナーレアーティストトーク

2017 9/24 中之条ビエンナーレ2017 アーティストトーク 総合ディレクター山重徹夫氏と作品説明や活動紹介をしました。 @つむじ

Go to link
press to zoom
まちでつくるプロジェクト
まちでつくるプロジェクト

6/18(日)「まち」の発見!」 「まち」で企画をつくる前に大切なことをディスカッション形式で参加者の皆さんと考えていきます。 講師:浅見俊哉、遠藤一郎(未来芸術家) 7/16(日)「まち」でつくる!」 「まち」で実際にプロジェクトをつくる手順や方法を考え、展開するための準備を考えていきます。 講師:浅見俊哉、中山亜美 (アートマネージャー) 9/3(日)「まち」を伝える!」 実際にこれまでの時間に学んだことをもとに「まちでつくるプロジェクト」のアイデアをプレゼンテーションします。 講師:浅見俊哉、熊谷薫(アートマネージャー) @ウェスタ川越2階 市民活動・生涯学習施設 活動室5

Go to link
press to zoom
原爆と人間展2017
原爆と人間展2017

8/1-8/6まで大宮図書館で開催される展覧会では、2015年にニューヨークの国連で国際原爆展の開催時に展示されたパネルを埼玉県で初公開。 その企画に、私の『呼吸する影ー被爆樹木のフォトグラムー』も展示することが決まりました! 2017年8/1(火)11:15- 視聴覚ホールにてトークイベント+ミュージシャン青木裕志さんによる作品をモチーフした楽曲を披露します。 @大宮図書館

Go to link
press to zoom
新木場木まつり2017夏
新木場木まつり2017夏

「科学と技術と芸術」という題目でパネリストを務め、作品制作について話しをします。 @妙壽寺猿江別院 本堂(東京都江東区猿江2-5-14)

Go to link
press to zoom
1/1